不思議に思った事や世間で起こった情報を考察するブログ

たっちのせのび

雑学

栄養ドリンクのビンはなぜ茶色いの?

投稿日:2019年6月6日 更新日:

たっち
たっち「ドリンク飲んでもうひと仕事!」
ゆん「あたいも飲んで頑張ろっと!」
ゆん

お疲れの時は栄養ドリンクを飲んだりしますよね。
栄養ドリンクってほんとに効くの?
と思いながら飲んで気合を入れたりもします(^_^;)

あの瓶って必ず茶色いのですが、
その理由とは何なのでしょうか?

答えは、

栄養ドリンクの瓶が茶色い理由

栄養ドリンクに含まれる
ビタミンB群が光に弱いので
遮光性のある茶色いビンに入れている。

ということだそうです。

ビタミンB群が入っていると飲み物の色は黄色くなります。
紫外線はその成分を分解してしまうので
ドリンク本来の成分が損なわれるのです。

たっち
それじゃ真っ黒の瓶にすればいいのでは?

と思いますが、

真っ黒な瓶だと検査の都合上、
瓶のひび割れや液体内の浮遊物が検知できなくなるらしいです。
たしかに真っ黒な瓶は見たことないですね。

また、茶色い小瓶は栄養ドリンクのイメージがとても強いです。
見た目で栄養ドリンクらしいというのも大事です。
光に当たらないはずの箱入りの栄養ドリンクが茶色いのもイメージなのでしょう。

まだ理由はあります。
栄養ドリンクを透明のコップに入れてみてください。
かなりどぎつい黄色だということに気づくはず。
ビタミン剤の影響なのですが、
見た目が良くないのでその色を隠す意味もあるようです。

ちなみに、ビールの瓶やお酒の一升瓶が茶色いのも同じ理由。
紫外線が当たると成分変化で美味しさが損なわれるためです。

海外では緑のビール瓶も多いですよね。
緑の瓶ってなんかオシャレです。

まとめ

まとめ

栄養ドリンクの瓶が茶色いのは
・液体の成分変化が起こらない工夫をしている。
・茶色い瓶は栄養ドリンクらしい。
・液体の色を分かりにくくするため。



-雑学

Copyright© たっちのせのび , 2019 All Rights Reserved.