不思議に思った事や世間で起こった情報を考察するブログ

たっちのせのび

雑学

『ワニワニパニック』は絶滅危惧種だった。壊れ次第撤去の悲報

投稿日:2019年5月27日 更新日:

ゲームセンターに行ったことはありますよね。

「ワニワニパニック」って知ってますか?

アミューズメントゲーム機のひとつで、
出てくるワニをハンマーで叩くゲームです。
もぐらたたきの水平バージョンのような感じ。

このゲーム、絶滅危惧機種なのです。

ワニワニパニックは1989年に登場。
平成元年生まれなんですね。

1996年にはワニワニパニック2が登場。
2007年にはワニワニパニック3を出すほど人気の機種です。

その間にも派生機種として、
カニカニパニックやサメサメパニックなども登場。

これほどまで人気のあるゲーム機なのに
なぜ絶滅危惧種なんでしょうか?


実は、
販売はナムコが担当していたのですが、
製造元のホープという会社が2017年に倒産。
家庭用ゲーム機やスマートフォンゲームが勢力を拡大したこともあり、
アミューズメント機器事業の業績が悪化したのが原因。

PS4やスマホのゲームの進歩って凄まじいものを感じます。

なんとかメンテナンスでもと思うところです。

メカニカルパーツ(バネやゴムなど)は
代替品での調達が可能ですが、
主要部分(ワニ本体や外装など)の調達は不可能。

そうです、修理ができません。

「ワニワニパニック」は

壊れ次第ゲームセンターから撤去となります。

おぉ、ここでまた平成が消えていくのですね(;_;)

自分も大好きでかつては何度もやりました。
デートでいい格好しようとして、
出てきたワニを1回だけ叩けばいいところを
余裕ぶって何度も叩いてました。

まとめ

もし「ワニワニパニック」を見かけて
ゲームをするときは優しく叩いてあげてください(^^)

 

-雑学

Copyright© たっちのせのび , 2019 All Rights Reserved.