不思議に思った事や世間で起こった情報を考察するブログ

たっちのせのび

雑学

自販機横の「空き容器入れ」はなぜ投入口だけ分別されているの?

投稿日:2019年9月15日 更新日:



自販機横の「空き容器入れ」の投入口だけ分別されているのはなぜ?

という記事を見かけました。

自販機王国の日本、気軽に飲み物を購入できる反面、多くの容器がゴミとして捨てられます。

片方の投入口が「カン」

もう片方の投入口が「ペット」

のように

穴が2つのゴミ箱。

しかし、ゴミ箱を開けると中身はごちゃまぜ。

そんなゴミ箱、よく見ると思います。

たっち
リサイクルリサイクルとうるさく言うわりに中身がごちゃまぜって意味ないやん

そう思われるのもしかたないかのぅ
せんせ



たっち
だったら投入口を分けんでもええんじゃない?



実はそうでもなく理由があるんじゃよ
せんせ

 

 

自動販売機を設置している飲料水メーカーによると、

「分別の意識を持ってもらうため」

なのだそうです。


子供の頃からゴミは分別して捨てる、という意識を持つのは重要です。

でもそれだけ?

たっち
中身が一緒って知ったら逆にエコの意識も下がるんでは?


それだけじゃないぞ、他にも理由があるんじゃ
せんせ



飲料メーカーは「分別する意識を持ってもらうため」で間違いはないのですが、
自販機を設置するオーナーの立場はまた違う理由が存在します。


ゴミの投入口が大きいと様々なゴミが捨てられてしまいます。

コンビニコーヒーのカップ、タピオカミルクティーのカップなどがその例。

ひどい時は、カップ麺やコンビニ弁当の容器など、もえるごみやビニールなどが突っ込まれて穴を塞いでいることもよくあります。

ゴミの投入口を小さくする事によって、ペットやカン以外を捨てられるのを防いでいるのです。

ポイント

「分別の意識」のその先は、

「捨ててはいけない物を捨てないで」

ということです。

たっち
そっか、ペットとカン以外を捨ててはダメちゅうことなんや

仮に片方の穴がもえるごみで塞がっても、もう片方の穴が空いてればなんとかゴミ箱の機能は果たせます。

ゴミ箱がある以上、掃除する人が必ず存在するんじゃよ
せんせ



たっち
最近公共のゴミ箱も減ってるから分別の意識がより重要なんかもね



まとめ

自動販売機横のゴミ箱の投入口だけ分別されている理由は、

ゴミの中身は結局一緒だけど

「ゴミは分別して捨てる習慣をつけましょう」

という啓発のようなもの。

決して無視してはいけない無言のメッセージなのです。



-雑学

Copyright© たっちのせのび , 2019 All Rights Reserved.