不思議に思った事や世間で起こった情報を考察するブログ

たっちのせのび

雑学

道路標識の値段は?道路標識は誰でも買える?

投稿日:2019年10月11日 更新日:

近所の交差点で思いっきり曲がっている道路標識がありました。

おそらく車やトラックなどでぶつけたんでしょう。

なかなかいたずらでは曲げられません。

はて、道路標識っていくらするんでしょうか?

意外と高額な道路標識

調べてみると、30万〜40万円ほどするそうです。

標識自体は2万円程度だそうです。

取付金具などは数千円。

支柱のポールも2万円程度。
もちろん長さや曲げ加工品などにより価格は変わります。

工事費も結構かかります。

地下面の基礎工事。
生コンやアスファルト、基礎砕石などの材料や設備利用費。
作業員工賃。

工事に伴い道路規制が必要な場合はさらに工事費もかかります。

場所によっては40万円で済まないでしょう。

交差点手前などに設置されている大型で行き先を示す標識は300万〜400万円ほど。

高速道路などの自発光式の標識は1,000万円とも言われています。


修理費だけじゃない、破損して立ち去ると当て逃げに

車でぶつけて道路標識を破損させた場合、警察に届けが必要です。

警察に報告しなかった場合は「当て逃げ」になります。

道路における危険を生じさせた場合には1年以下の懲役又は10万円以下の罰金が科せられる可能性があります。
(道路交通法117条の5第1号、同72条1項前段)

破損だけではなく、落書きなども同じく罪に問われます。
器物損壊罪(刑法261条)の法定刑は3年以下の懲役又は30万年以下の罰金となります。

故意に壊したりしてもいけませんし、故意じゃなくても破損させた場合は警察に届けましょう。

道路標識は購入可能です

標識は買うことが可能です。

「止まれ」や「停止」などの標識や、速度も「10km」「30km」などが購入可能。

アマゾンやモノタロウなどで誰でも買うことは可能。
5,000〜6,000円程度で買えます。

しかし、構内用の道路標識のみ購入可能です。

もちろん公道での設置は違反になりますので注意してください。


画像:アマゾンから

やっぱり買えない道路標識

構内用の道路標識は購入可能ですが、公道用の道路標識は一般人は買えません。

道路工事管理会社など、許可を得た業者に限られます。

そりゃそうです。

誰でも買えたら、そこら中勝手に標識を設置するやつが出てくるからです。

ただし、個人でコレクションなどで保存するだけなら購入可能かもしれません。

所有することに関しては違法でもなんでもありません。

どうしても欲しければ、道路標識の製造会社などに直接問い合わせてみてはいかがですか?

「道路標識 製造 メーカー」などで検索すればメーカーさんがヒットします。

道路標識を設置してほしかったら市町村に言ってくださいと言われるかもしれません。

スポンサーリンク

道路標識は全国で約979万枚

レファレンス共同データーベース「平成29年版交通安全白書」によりますと

平成29年版交通安全白書(内閣府)には「規制標識及び指示標識の設置枚数は,約979万枚であり,そのうち約59万枚が大型標識(灯火式,反射式又は自発光式)である。」とある。平成29年版警察白書(警察庁)によると道路標識は約620万本とある。

ほぼ1,000万枚!

すごい数になりますね。

でも1枚でもなくなれば困ります。


まとめ

いかがでしたか?

道路標識といえど壊してしまうとかなりの修理費用になりますね。

やっぱり運転には気をつけたほうがいいですね。

ぶつけてしまったら必ず警察に届けましょう。

-雑学

Copyright© たっちのせのび , 2019 All Rights Reserved.