不思議に思った事や世間で起こった情報を考察するブログ

たっちのせのび

ガジェット 雑学

ポケベルサービス終了。CMから見るポケベル光と影。なぜポケベルは消えたのか。

投稿日:2019年6月19日 更新日:

ポケベルのサービスが2019年9月30日に終了します。


かつてはポケベル全盛期の時代がありました。
1990年代、当時のビジネスマンや女子高生などが主に利用していました。

しかし、スマホ世代の人たちにはその存在すら知らない人も多いのが現状かも。

ポケベルことポケットベルとは、呼び出し専用の通信機器で、
正式名称は「無線呼び出し」

ポケベルを持つ相手に数字やメッセージを固定電話や公衆電話から送ります。
ポケベルにメッセージが届いたら数字や文字を確認するだけ。

コミュニケーションツールのはしりではあるものの、メッセージを送信する事はできません。

何とももどかしい通信機器ではありますが、一時代のコミュニケーションを築いたのは事実。

ここで当時のCMを順番に見てみましょう。

1987年 NTTポケベル  CM

当時ドコモは存在しません。
ポケベルにディスプレイが付いたことでコミュニケーションツールとしての役割を果たし始めます。

当時はビジネスツールとしての役割に限定されています。

メッセージが数字のためもはや暗号です。
CMを見てもイマイチ理解できません(^_^;)

1990年 NTTポケベルCM 高嶋政宏


この頃からポケベルは、ビジネスツールからプライベートツールに移行していきます。

公衆電話にダッシュしてポケベルにメッセージをする姿が新鮮。

公衆電話も重要な通信手段の一つでした。

1993年 ドコモのポケベルCM。

1992年にNTTドコモがスタート。

携帯電話のない時代を生き抜いていたこの頃。

待ち合わせ場所で待つ女性は不安でいっぱい。

デートに遅れる連絡すらできないもどかしさ。

ポケベルさえあれば・・・・
切なすぎる・・・・

ポケベルが必需品と思わせるようなCMに。

かつて駅に伝言板があったのを思い出しました。

 

1995年 ドコモのポケベル 葉月里緒奈

表情が表せるポケベルが登場。
現在の顔文字ともいえる機能を搭載。

ビジネス感は全くなく、恋人とのやり取りに利用するツールを前提としている。ポケベルのデザインもかわいくオシャレ。

葉月里緒奈も当時人気の女優さんでした。

「TELがほしい」のメッセージにもどかしさも感じるが
ある意味自由で羨ましいと感じるCM。

スポンサーリンク

1996年 ドコモのポケベルCM 京野ことみ

この頃から数字だけではなく、文字が入力できるように。
最大12文字、24桁というのが最大のウリ。

ポケベルは女子高生必須アイテム になった印象。

京野ことみが若すぎる!

1996年 ドコモのポケベルCM 広末涼子

当時無名であった広末涼子を1994年から起用。
広末涼子を一躍有名にしたCMがポケベルのCMといえます。

広末涼子の好感度にあやかるように女子高生向けに拡販を目指すドコモでした。

広末涼子は翌1997年に「MajiでKoiする5秒前」で歌手デビュー。
ドコモの目の付けどころはさすがでした。

同時に主婦に向けたCMも広末涼子を使い拡販を目指しました。

スポンサーリンク

1998年 ドコモポケベルCM 広末涼子

人気の広末涼子を起用。
すっかりポケベルの利用は若者が中心です。

しかし、この頃からポケベルは終焉に向かって走り出します。
ポケベルの契約数は毎年半減する勢いで急下降。

原因は携帯電話の普及。
1997年末に、携帯電話にショートメッセージサービスが始まり、ポケベルからの置き換えが一気に進んでしまいました。


80年代ごろから本格拡大してきたポケベルでしたが、
歴史は意外にも古く、登場は1968年。50年も前のことになります。
その頃のポケベルはまさにベルが鳴るだけ。

ベルが鳴ったら「連絡せよ」との合図。
公衆電話や固定電話から発信相手に確認の電話を入れるためのもの。

現在でいうと、ショッピングモールのフードコートで渡されるベルと同じと思ってもいいでしょう。

最盛期の平成8年には1000万人以上が利用するサービスでした。
しかし、PHSや携帯電話の普及により利用者は激減。

現在も日本で1,500台ほど可動しているそうです。
すでに新規契約は不可能となっています。

いまだに使っている人がいるのにもびっくりしますね。

昭和・平成・令和と3つの時代を渡り歩いたポケットベル。

静かにその時を終える日が来ました。


ポケベルの基本料金は?

ちなみにポケベルですが毎月いくら掛かるかご存ですか?
基本料金は2,300円だそうです。

発信もできず、通話もできず、格安スマホより高いとか・・・。

時代を感じるポケベルです。

まとめ

今後も通信手段のテクノロジーは進化していくでしょう。
スマホも時代遅れになる日も来るかもです。
時代を駆け抜けたポケベルに感謝しつつ、現在のテクノロジーを使いこなしていきましょう。

-ガジェット, 雑学

Copyright© たっちのせのび , 2019 All Rights Reserved.