不思議に思った事や世間で起こった情報を考察するブログ

たっちのせのび

雑学

「子供」?「子ども」?正解は?

投稿日:2019年6月3日 更新日:

「こども」は漢字で「子供」と書きますよね。
学校でもそう習ったのではないでしょうか?

最近「子ども」と書くことが推奨されている風潮があります。
特に教育現場などでは「子ども」と表記することが多いようです。

一体どちらが正しいのでしょう。

答えは

どちらでもいい

早々に結論がでました(笑)

たっち
じゃあなんで「子供」と「子ども」があるん?

実は私、お仕事の関係で、
市長あてに要望書を提出することがあり、
あまり意識もせずまとめた文章の中に「子供」と明記していました。
提出前に要望書の内容を校閲、校正をお願いしたのですが、
お願いした人に、「子供」を「子ども」に直してください。
と指摘がありました。
そこで初めて「子供」と「子ども」という2つの言葉があるのを知りました。

なぜ、指摘されたんでしょうか。
どちらも同じ意味なので一緒のはずなんですが・・。
これにはいくつか理由があります。

そもそも「子ども」は複数の子を表す接尾後です。
一人の場合は「子」、二人以上の場合は「子ども」となるのです。

いつの間にか、一人でも「子ども」と呼ぶようになり現在に至っています。
後に、「とも」に当て字として漢字の「共」を使うようになったそうです。

子供の「供」はお供え物の意味がある。
子は供えるものではないから。

「お供」という意味もあり、
大人の付随物を連想させる。

子供の「供」は当て字であり漢字に意味はなく
ひらがなにすべき。

などなど。

要するに「子供」という言葉は差別的だということなのです。
ちょっと神経質になりすぎている気もしないでもないですが。

しかし、文部科学省は差別用語ではないとして
2013年に「子供」で統一することを決めました。

と言いながら、文部科学省の公式文書では
「子ども」、「子供」の両方を使っているようです。
(2019年6月現在)

余談になりますが、
5月5日は「こどもの日」です。
こちらの表記は「こども」とひらがなです。

なぜでしょうか?

昭和23年に制定された祝日ですが、
当時、「子供」「や「子ども」と表記せず、
「こども」と表記していたので「こどもの日」となった。

また、漢字よりひらがなにすることにより、
こどもにも読めるように、親しみやすく柔らかい言葉として
ひらがなになったといいます。


あたらめてまとめ
日本語って難しい!
「子供」でも「子ども」でも、正直どっちでもいいのでは?
法律で決まっているわけではないので どちらを使っても大丈夫です。

-雑学

Copyright© たっちのせのび , 2019 All Rights Reserved.