不思議に思った事や世間で起こった情報を考察するブログ

たっちのせのび

雑学

花火大会が中止になった場合、花火はどうなるの?花火屋さんは大損?

投稿日:

夏の風物詩といえば花火。

しかし、夏は台風や夕立ちなど雨が多い時期でもあります。

残念ながら花火大会も中止になることもよくあります。
楽しみにしていた花火大会ですが、天候には勝てません。

突然のゲリラ豪雨。
急遽花火大会が中止になった場合、花火はどうなるのか。

雨などで花火大会が中止になった場合、
花火はどうなるかご存知ですか?

たっち
来年に使ったらいいんじゃない?
毎年も花火大会あるんでしょ。

そんな甘い世界ではありません。

ポイント

実は、全て廃棄処分になります。



たっち
おわーもったいない!


突然の豪雨などの場合は当日中止になることが多く、
雨で濡れたり湿気を含んだ花火玉は、
上空で開かず落下後爆発する危険性があるのです。

ただし、台風の進路予想などで事前に中止が決定された場合、花火は保管され、他の花火大会などに使うこともまれにあるそうです。

しかし、保管された花火でも大会専用に作成している花火もあり、そういう花火は使い回しはできず廃棄されることになることも。

火薬は湿気を吸いやすく、長期保存も無理のようです。

湿気を吸った花火は花火師により解体され天日干しにし、使えるものは再利用、その他のものは廃棄されます。

かなり大変な作業のようで、時間もかかり、解体作業に手が回らず多くの花火は廃棄されるのが現状です。
多いときには何万発とある花火です。
適切に廃棄処理しないと大きな事故につながります。

確かに家庭用の花火でも少し置いただけで使えなくなりますよね。

写真:磯谷煙火店

花火大会が中止になった場合、花火屋さんに費用は支払われる?

花火大会が中止になると、花火屋さんは大損害?

メモ

実は、花火屋さんには費用は支払われます。



イベント運営者は「興行中止保険」に入っています。

別名、イベント中止保険と言われています。

悪天候によるイベントの延期や中止、交通機関の事故などによる観客の来場不能などの損害を保証する保険です。

よかった! 花火屋さんが潰れちゃうんじゃないかと心配した。
ゆん

費用は支払われても、花火師さんは自分の作った花火を誰にも見てもらえず解体・廃棄するのは辛いでしょうね。

日本の夏といえば花火!
多くの人を感動させる花火。
雨男のたっちも楽しみたいと思います(^_^;)

-雑学

Copyright© たっちのせのび , 2019 All Rights Reserved.