不思議に思った事や世間で起こった情報を考察するブログ

たっちのせのび

スポーツ 卓球

2919年卓球香港オープン優勝の 林高遠選手とは?

投稿日:2019年6月10日 更新日:

出典元:総合体育(中国サイト)

今回は卓球界でも注目の選手「林高遠」選手を紹介。
年齢や身長は?使用しているラケットやラバーは?
出身は?
気になるので調べてみました。

ITTFワールドツアー卓球2019年香港オープンの決勝は、
日本のエース張本智和(世界ランキング4位)と
中国の林高遠(世界ランキング2位)との戦いであったが、
林高遠が接戦を制し優勝。
張本は惜しくも準優勝となった。

注目されるのが中国の次世代エースとも言われる「林高遠」です。
2019年6月現在、世界ランク2位。
ここ最近で2年で急激にランキングを上げている中国選手なのです。

日本の読みでは「りんこうえん」となるが、
中国語での読みは「リン ガオユエン」
ラテン語表記は「Lin Gaoyuan」

スポンサーリンク

プレイ中はキリリと精悍でアグレッシブルな表情を見せる。
一旦、試合を離れると優しい笑顔や可愛らしい表情も見せてくれる。
中国でも女性ファンが急増中!

Wikipediaによると1995年3月19日中国生まれの24歳(2019年6月現在)
出身は広東省深セン市で身長は178センチ。
2009年から中国代表を務めている。
シェークハンドの左利きで、両面裏ソフトのドライブ主戦型の選手。

利き手
使用ラケット バタフライ ビスカリアFL
使用ラバーフォア 狂飈NEO3ブルースポンジ
使用ラバーバック ディグニクス05
使用シューズ Li-Ning APPM001

プレースタイルはいたって攻撃型。
豪快なフォアハンドは決まりだすと止まらない。
一方バックハンドは非常にコンパクト。
抑えのきいた無駄のないバックハンドと言える。
バックハンドのモーションが分かりにくくコースが読みにくい。
油断すると高速チキータやコースを突いた
ショートストップを喰らうこともある。

強烈なフォアハンドに読みにくいバックハンドと対戦相手は苦労する。
攻略するとすれば、ミドルを狙うことになるのだが、
いかんせんフットワークもいいのでそう簡単にはいかないはず。

林高遠世界ランキングの推移

ここで世界ランキングの上昇具合を見て見ましょう。

 

年 月

ITTF世界ランキング
2019年 6月 2位
5月 2位
4月 3位
3月 3位
2月 3位

1月

4位
2018年 12月 4位
11月 4位
10月 5位
9月 3位
8月 4位
7月 3位
6月 5位
5月 5位
4月 5位
3月 4位
2月 4位
1月 4位
2017年 12月 4位
11月 4位
10月 9位
9月 29位
8月 34位
7月 33位
6月 29位
5月 40位

2018年の世界ランキングは4〜5位で、なかなか3位の壁を破り切れなかったようだが、2019年に入り3位から2位と上昇。
香港オープンの優勝で世界ランク1位も確実視。
この先も安定して中国卓球界のトップ3を担うことになりそうです。

2020年の東京オリンピックで、日本最大のライバルになりそうな
林高遠ですが、注目したいアスリートですね。

林高遠の主な成績

  香港オープン シングルス優勝
ダブルス優勝
2019年 世界卓球2019ブタペスト ダブルス 銅メダル
ハンガリーオープン シングルス優勝
2018年 男子ワールドカップ シングルス3位
アジア大会 シングルス2位
アジアカップ シングルス2位
2017年 オーストラリアオープン シングルス優勝
アジアカップ シングルス優勝

 

2019香港オープン決勝結果

男子シングルス優勝賞金:US$18,600

  セット 得点 セット  

張本智和

2

3 11

4

林高遠

11 7
11 8
6 11
9 11
7 11

TTFワールドツアー・香港オープン 2019年6月4日~6月9日

-スポーツ, 卓球

Copyright© たっちのせのび , 2019 All Rights Reserved.